そうだ、会津へ行こう!

たまにフイルム時々デジ 現在・過去・未来 迷い道くねくね

浩市から晃一へ

2400メートル走ってハナ差で負けるのは、騎手に一流の技術がある証拠だろう。
絶妙なタイミングで抜け出しゴール前できっちり差された四位騎手、15年程前ゴールデンジャックで桜花賞トライアルを勝ったのが初重賞制覇。
イシノサンデーで皐月賞を勝った時は、周りの馬に随分と迷惑をかけたものだが・・・・(笑)
個人的には、四位騎手に主演男優賞をあげたいと思う先週のオークス。
展開は逆だが、逃げるイソノルーブルを猛然と追い詰め、ハナだけ届かなかったシスタートウショウ(鞍上は角田)を思い出した。

さて明日、シンザン記念を勝った時から「今年のダービー馬」と決めていたアントニオバローズと角田晃一。
新聞紙上によれば、デビュー以来同騎手が付きっきりで走りを教えているとか・・・・
前走プリンシパルでの権利取りは予定通り(?)、ひょっとすると角田がオークスで急遽乗替ったダイアナバローズでの試走(同馬主)だって予定通りだったかもしれない。
ちなみにオークスを勝ったブエナビスタの母・ビワハイジ、かつて角田が騎乗して阪神三歳牝馬S(現在の阪神JNF)を勝ち、牝馬ながらダービーに挑戦(13着)した馬である。

調教師としての親子制覇がかかる武田博師、父はあのシンザンを管理していた(故)武田文吾師で、その一門には角田が所属していた渡辺栄元調教師も顔を連ねている。
後に五冠馬となったシンザン、ダービーを勝ったのは45年前の5月31日、当時は27頭立てながら馬番は10番だった。
ちなみに2着・3着の馬番は・・・・
興味のある方は調べてみてはいかがでしょう?

10番・アントニオバローズ 角田晃一

明日、表彰式のプレゼンターは俳優の佐藤浩市
浩市から晃一へ手渡される表彰式を見ることが出来れば、これまでのダービーで最も心に残るレースになるかもしれない。

とりあえず前売りで単勝を入れときました
anntonio10.jpg
馬単・三連単(一着固定)はゆっくり考えることにします。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

  1. 2009/05/30(土) 21:11:23|
  2. はずれ馬券
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夢を見ました | ホーム | ログハウス「どんぐり」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://misirazugaki.blog31.fc2.com/tb.php/983-c6b97c51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

みしらず

Author:みしらず
フツーのサラリーマン。血液型、O型。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ