そうだ、会津へ行こう!

たまにフイルム時々デジ 現在・過去・未来 迷い道くねくね

吉村貫一郎

盛岡の桜は石ば割って咲ぐ。盛岡のこぶしは、北さ向いても咲ぐのす。
んだば、お主らもぬくぬくと春ば来るのを待つではねぞ。
南部の武士ならば、みごと石ば割って咲げ。
盛岡の子だれば、北さ向いて咲げ。
春に先駆け、世にも人にも先駆けて、あっぱれな花こば咲かせてみろ!

「壬生義士伝」の有名な台詞です。

吉村貫一郎に関しては作者の創作の部分も多くあえて触れませんが、この名台詞には東北の魂を感じるところもありますね。
今年は大政奉還から150年、ヤボは承知で新撰組は誰が一番強かったのでしょう?
私は斉藤一だったと勝手に思っているのですが・・・(笑)

写真は盛岡の桜ではありませんが、南部の桜も一度は見に行ってみたいものです。

ai201705a7ve100009.jpg
福島県大沼郡 MINOLTA α7  FUJI VELVIA100
スポンサーサイト
  1. 2018/05/09(水) 20:40:44|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<名前は麦です | ホーム | 朝はパリッと>>

コメント

鉄たま様、おばんです。

たしかにあの赤黒の隊服は他の映画やドラマでは見たことがありませんね。
実際はどうだったんだろう?
HDに保存してあるので酔った時に何度か見てしまいますが、最後の「おもさげねがんした、吉村先生」というシーンは必ず泣けてしまいます(笑)

おと休で盛岡に停車する度に「一度は降りてみるかな・・・」とか思いつつ、未だに実現出来ていません。
  1. 2018/05/13(日) 20:16:55 |
  2. URL |
  3. みしらず #xxjgbHNw
  4. [ 編集]

おばんです。
「壬生義士伝」はコミックや映画まで手を出しました・・・(笑)
自分のご先祖様は秋田出身ですが、維新までは南部藩であり、その後奥羽同盟につかず薩長の手先となった秋田藩に・・・という地域なんで、なんか南部藩に親近感もあり・・・。

でも、映画の黒と赤のダンダラ羽織はちょっと違和感が・・・。
あさぎ色、黒など諸説あるのですが、この色もあったのでしょうか?
あさぎ色と黒は染料の中でも一番安く、芹沢一派がくすねてきた金で隊士分を作成せねばならないために選んだとは聞いた事がありますが。
  1. 2018/05/12(土) 20:27:56 |
  2. URL |
  3. 鉄たま #LezRqYSM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://misirazugaki.blog31.fc2.com/tb.php/2414-cc1f99d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

みしらず

Author:みしらず
フツーのサラリーマン。血液型、O型。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア


無料カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ