そうだ、会津へ行こう!

たまにフイルム時々デジ 現在・過去・未来 迷い道くねくね

朽ちてしまうのか・・・

会津横田付近、こちら側の家は既にかなり朽ちてしまってします。
空家になってかなり経っているのでしょう。
aidu1107e35dnp200008.jpg

そしてこの夏、こちらの家人が家の中を片付けていました。
畑にはまだ草花や野菜も植わっていたし、たんなる「掃除」だったら良いのですが・・・
どうもそのようには見えませんでした。
aidu1107e35dnp200005.jpg

2011年 7月 福島県大沼郡 YASHICA  ELECTRO35 GL DNP CENTURIA200

奥会津を訪れるようになってはや数年、そこには毎年少しずつ目にする現実があります。
シャッターを押す時、何となく空しさと罪悪感が・・・・
色々と気にし過ぎなのかな?
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/20(水) 22:08:45|
  2. 会津と只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<横田第二踏切 | ホーム | 風鈴市>>

コメント

ててしたさん、おばんです。

人も拒む豪雪の年もありますから、若い人が去って行った所での生活は想像を超えるものがあるのでしょうね。
興味本位と思われてしまうかもしれませんが、これからも只見線以外の奥会津の風景を撮っていければと思っています。

更新、楽しみにしてますよ~
  1. 2011/07/21(木) 23:14:44 |
  2. URL |
  3. 身不知柿 #xxjgbHNw
  4. [ 編集]

おばんです。
ここ数年、国道252号を走っている車からだけでも、人が住まなくなった家を何軒も見かけるようになりました。
そして手入れのされなくなった家にとって、奥会津の冬の豪雪はとても厳しいですね。

PS.初訪問ありがとうございました。
  1. 2011/07/21(木) 22:06:16 |
  2. URL |
  3. ててした #-
  4. [ 編集]

水無月さん、おばんです。

東北の現実・・・
いちおう首都圏に住んでいる者から見れば、どこか懐かしくかつ原風景的に見えてしまうのですが、住んでいる方々には本当に深刻な問題なんでしょうね。
自分に出来るのは「行って現地の物を買う、泊まってお金を使う」くらいですけど・・・
それが少しでも共存の役に立てればと思うわけです。

ていうか、自分の体内には秋田人と北関東人の血が流れてるしカミさん会津人だし、私にとっては故郷そのものみたいなもんですから。
ぶっちゃけ関東以西はあまり興味ないし・・・

で、フイルム(笑)
ほとんど拘りはないのですが、シンビは地味な方なのにセンチュリアってちょっと派手めですかね?
でも、このGLは良いカメラですよ。
  1. 2011/07/21(木) 21:46:37 |
  2. URL |
  3. 身不知柿 #xxjgbHNw
  4. [ 編集]

これがね、東北の現実なんだと思いますよ。
今回の震災はそれをちょっとだけ後押ししたに過ぎないのかもしれません。
それが結果として凄いダメージだとしても。

東北の行く末はどうなるのでしょうか。
どうなってしまうのでしょうか。
不安は尽きません。
それが奥会津に限った話しでないにしても。

PS)
それにしても(あたりまえですが)フィルムって千差万別ですねー
こうも発色も雰囲気も違うとは。
  1. 2011/07/21(木) 01:02:34 |
  2. URL |
  3. 水無月 #Lq.xPqBY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://misirazugaki.blog31.fc2.com/tb.php/1497-9ef05e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

みしらず

Author:みしらず
フツーのサラリーマン。血液型、O型。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア


無料カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ