FC2ブログ

そうだ、会津へ行こう!

たまにフイルム時々デジ 現在・過去・未来 迷い道くねくね

青森ぶらぶら

何度か来ている青森ですが、アスパムに行ったのは初めてでした。

otokyu1901006.jpg
青森県青森市 OLYMPUS PEN EES  KODAK GOLD200

空気が澄んでいれば下北半島や岩木山まで見渡せるようですが、この日はそこまでの天気にはなりませんでした。

otokyu1901007.jpg
青森県青森市 OLYMPUS PEN EES  KODAK GOLD200

次の機会にはこの辺りで一杯やりたいですな。

otokyu1901008.jpg
青森県青森市 OLYMPUS PEN EES  KODAK GOLD200
スポンサーサイト
  1. 2019/03/16(土) 21:33:52|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青森駅

冬のおと休の記録です。
今では無駄に長い青森駅のホーム、その昔ここは本州の終着駅でもあり北への玄関口でもありました。
長距離夜行列車が発着していた時代、この長いホームはその都度賑わっていたことでしょう。

otokyu1901001.jpg
青森駅 OLYMPUS PEN EES  KODAK GOLD200

知った風な事を書いてますが、私は夜行列車に揺られて青森駅に降りたこともなければ跨線橋を渡って青函連絡船に乗ったこともありません。
遠い地へ向かう憧れのようなものだったのです。
同行した元会津娘とそんな話をしていたら、私よりもう少し年配の方が「そうなんですよ、私も連絡船に乗って北海道へ行きましたから」と言いながら懐かしそうに写真を撮っておられました。

otokyu1901002.jpg
青森駅 OLYMPUS PEN EES  KODAK GOLD200

帯同したのはSSが1/250までのカメラ、それなりに晴れて雪の反射があれば飛びまくりですがそんなことはオッパッピーです(笑)
当時、青森では「津軽に乗って帰省すれば一人前」と言われたそうで・・・
今では新青森駅に主役の座を奪われたかのような青森駅の無駄に長いホームですが、何時までも残して欲しい昭和の鉄道遺産と言っても過言ではないと思います。

otokyu1901004.jpg
青森駅 OLYMPUS PEN EES  KODAK GOLD200
  1. 2019/03/13(水) 21:23:36|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のごほうび

おと休で北へ。

aoaki1901002.jpg

貝焼き味噌、これは美味い!

aoaki1901004.jpg

「あきたくらす」はなかなか人気のようです。

aoaki1901010.jpg

  1. 2019/01/28(月) 20:17:05|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凍るお堀

めったに雪が降らない所に住む者にとって、雪景色というのは子供の頃からの憧れのようなものでもあります。
雪かたしが大変なことは分かっていますが、いい年になってもそんな思いに変わりはありません。
じゃあそんな地方に住んでみるか?
と、言われればもちろんNOでしょうね。

数年前、十和田に住む友人に会いに行った時、「こんな冬に来ないで夏においでよ」と言われました。
そう言いながら車であちこち連れて行ってくれた優しい奴に感謝なのです。
そろそろまた会いたいな・・・

たしかにそうかもしれないけど、冬しか見られないものもあるでしょ。
冬の東北、地元の方にとって当たり前の景色が私には物珍しいのです。

hiro1801hig009.jpg
青森県弘前市 MINOLTA HI-MATIC G  FUJI PRESTO

白トビとか面倒くさいくことはさておき・・・(笑)

hiro1801hig014.jpg
青森県弘前市 MINOLTA HI-MATIC G  FUJI PRESTO



  1. 2019/01/19(土) 21:29:36|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大正浪漫

大正生まれの父が他界してはや24年、あれと同じ年だから何年経ったかは忘れようがない。
昭和生まれの母は東日本大震災の年。
11、12、13だもの、認知症にでもならないと忘れるのが難しいね。
大正と昭和が融合したユニークな夫婦でした(笑)

そろそろ東北の空気を吸いたくなりました。

hiro1801hig005.jpg
青森県弘前市 MINOLTA HI-MATIC G  FUJI PRESTO
  1. 2019/01/17(木) 20:28:34|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙台のお楽しみ

仙台駅に戻り僕は旅装を解く(笑)
一休みした後はお楽しみの駅前繁華街へ繰り出します。
まだまだ十分明るいのですけどね。

仙台にありながら、秋田の日本酒しか置いていないというちょっと変わったお店。
店内には「十四代」やら「飛露喜」など有名銘柄のラベルが貼ってあるものの、「あ、それ飾りですから」と店主。

まずは春霞・田んぼラベル、夏酒らしいすっきりした辛口ですね。

sendai1807001.jpg

同行者はドキドキ山本、こちらはややワインっぽい感じで昨今の流行り。
けっこうお気に入りだったようです。

sendai1807002.jpg

旨辛まんさく&鳥海山と共にいただくのは石巻産四年物のワラジ岩牡蠣(笑)

sendai1807004.jpg

sendai1807003.jpg

もう口の中から胃にかけて海の香でいっぱいです。

sendai1807005.jpg

〆は表ラベルの無いお店オリジナルの一白水成。

sendai1807006.jpg

sendai1807007.jpg

翌日は駅近くの酒屋さんで地元のお酒をお土産に購入、宮城のお酒は自宅で楽しむことにします。
それにしてもさすが杜の都、仙台ってステキな町ですね。
  1. 2018/07/28(土) 21:05:52|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニッカウヰスキー

夏休み前半戦は気楽な呑み鉄旅。
作並にあるニッカの蒸留所に行ってみました。

nikka1807001.jpg

nikka1807007.jpg

渓流沿いの山あいにある素敵な所ですが、とにかく暑い!
見学の最後に楽しめる試飲のハイボールは、まるで神の水のように感じました(笑)

nikka1807002.jpg

我々が酒を覚えた頃はビールとウイスキーが主流、今みたいに焼酎の〇〇割りなんていうのはありませんでしたからね。
酒の味なんて分からない頃でしたが、なぜかニッカを好んで飲んだ記憶かあります。

nikka1807004.jpg

もみあげに蒸留所限定の一本を購入しましたが、これからはウイスキーももう少し楽しもうかな〜
なんて思いながらウトウトと仙山線に揺られて仙台に戻りました。
  1. 2018/07/24(火) 20:38:39|
  2. 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

みしらず

Author:みしらず
フツーのサラリーマン。血液型、O型。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア


無料カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ